7/11 (土)~12 (日) 富士山に登り隊

8:35 御殿場駅集合。『山と林道を登り隊』初の宿泊企画、富士登山を実施しました。天気も良好で富士山に初めて登る人、経験者含め19人がバスで富士山須走口5号目を目指します。1時間ほどで須走口5号目に到着。こんなに近くで見る富士山はやっぱり日本一の山であること、世界遺産であることを実感させられました。まずは、高山病予防として1時間、体を慣らすため休憩です。朝ごはんを食べたり、準備運動をしたり、しゃべったり。あっという間に時間は過ぎ、いよいよ登山開始です。3チームに別れて登りました。少し動くだけでも息が切れます。高度2000mでも酸素が薄いのです。最初は木々の中を通り抜けて歩くため、いつもと同じ登山かと思っていると急に視界が開け富士頂上も見えてきました。歩くたびに頂上も近づきます。同時にワクワク感も増しつつ、疲労も増していきます。6号目に着くと昼食です。ザックの荷物はパンパンなので、食料が減り軽くなることを期待しましたが、あまり軽くなりませんでした。お腹いっぱいにして再び登山開始です。登るにつれ斜度がきつくなり歩く速度も遅くなります。結局8.5号目の山小屋には先頭グループ17時過ぎ、後方グループ19時過ぎの到着になりました。夕食までは雲の上から写真を撮ったり、星を見たり、寝込んだりと各自思い思いに行動しました。
19:30 夕食はハンバーグ弁当。こんな所で食べれるものはなんでもおいしかったですね。食後は登山の振り返り、翌日の出発時刻の確認をして就寝です。狭かったです。掛布団が2人で1枚です。たくさん人がいますので少しうるさいです。でも疲れてたせいかぐっすり眠ることができました。
1:30 起床、2:00に御来光のために出発です。体調不良のメンバーは山小屋から御来光。頂上組は真っ暗の中ライトを照らして2時間ほど登山。御来光を見るため人がどっさりで大渋滞。下を見ればたくさんのライトの光が長く連なっていました。そんな光景もきれいでした。頂上に着くとみんな喜んで、思わずお疲れ様でした?と声を掛け合いました。4:27の御来光まで朝食や記念撮影、御来光撮影準備。とうとう地平線から太陽が現れ、『おおっー』と歓喜の声と共に『カシャカシャ』というシャッター音。ものすごく感動的でした!これを見るために何ヵ月も前に計画してきたことがウソのように思えてきました。そしてずーっと太陽が上っていくのを見ていました。頂上に着いて次の目標はお鉢巡りです。頂上には火口があり、その周囲を一周することです。約2時間ほどかけて巡ります。火口は深く自然の壮大さにびっくりさせられました。その後は山小屋へ戻り全員合流。下山の準備をして8:30に出発しました。下山の特徴といえば砂走りです。走る組、歩く組に別れて行動しました。ここはランをする方には絶好の場所だったようです。砂対策としてマスク、メガネ、スパッツを装備して下山しました。先頭チームで10時過ぎの5号目到着、後方チームで11:30過ぎの到着でした。御殿場駅に戻ってお風呂に入り、砂汚れ、汗、疲れをとり、食事と一杯飲んで解散しました。本当にあっという間の2日間であり、十分に満足できた登山でした。
b
山と林道を登り隊(YRN)

広告
カテゴリー: 山と林道を登り隊(YRN) パーマリンク